エアブラシで描く携帯ワンポイントペイント、月とイルカ - エアブラシワークス オンラインスクール

エアブラシで描く携帯ワンポイントペイント、月とイルカ

かなり昔の携帯電話ですが、おまけ的なページとして残しておきました。少しでも参考になればと思います。

作業時間 30分

月とイルカ

これが完成したペイントです。

簡単なペイントなのですが、光の感じを鮮やかな色を使って表現出来ていると思います。

月とイルカ

水平線をマスキングで入れます。

月とイルカ

プルシャンブルーを使ってグラデーションと波の筋を画像の様に入れます。

先端に向かっては線のぼかしを使って一方通行で描いて下さい。

 

 

月とイルカ

マスクを取ると海の部分が完成しています。これから空の部分を描いて行きますが、その前に鉛筆で月が来る部分に印をしておきます。

月とイルカ

プルシャンブルーで鉛筆の印に向かって円状にグラデーションをかけます。

グラデーションを綺麗に入れるにはレッスン7ハイライトを作る練習が効果的です。

 

 

月とイルカ

中心部分をフタロシアニンブルーで馴染ませます。

 

 

月とイルカ

希釈しないチタニウムホワイト(ホワイト)をガンに入れてスタッパリングで星を入れます。

このテクニックは「スタッパリング」を見てみて下さい。

 

 

月とイルカ

テーンプレートを用意します。

これは月を描く為に使います。使う部分だけを残してマスキングテープで覆って下さい。

月とイルカ

テーンプレートを軽く浮かして、希釈しないチタニウムホワイトで完全に染めきります。

すると僅かに輪郭がぼけて、光が漏れている様な効果を出す事が出来ます。

 

 

月とイルカ

月の部分を中心に狙って希釈したチタニウムホワイトで大きなドットを入れます。希釈しないとミストの粒が見えてしまいます。

序々に消えて無くなる様に描くのがポイントです。

 

 

月とイルカ

希釈したアリライドイエローを先程ホワイトで入れた光の輪形効果の部分に色付けをします。

軽く黄色味が出ていればOKですので、吹き過ぎると光った感じが無くなってしまいます。

 

 

月とイルカ

波のハイライト部分にも軽くアリライドイエローを色付けします。

 

 

月とイルカ

キナクリドンレッドを波の部分のハイライトの周りに色付けします。

 

 

月とイルカ

月の周りに円状の太いラインでかなり希釈したキナクリドンレッを入れます。

すると月が光って見えて来ます。

 

 

月とイルカ

イルカを描きます。

マスキングフィルムをカットして適当な位置に貼り付けます。

先にチタニウムホワイトで背中とお腹を中心に狙って塗ります。

 

 

月とイルカ

プルシアンブルーを使い背中とお腹部分を残しながら太いラインを入れます。

尾びれの部分も軽く色を乗せておきます。

 

 

月とイルカ

同じ色で背びれの影を入れます。なるべく尾びれの中心を狙う感じでハイライトを残す様描いて下さい。

 

 

月とイルカ

同じ色で目のドットを入れます。

とても小さなドットなので描けない方は筆などを使って描いて下さい。

 

 

月とイルカ

筆を使いチタニウムホワイトで目のハイライトを入れます。

月とイルカ

これで完成です!

宇宙とユニコーン

更新日:

Translate »

Copyright© エアブラシワークス オンラインスクール , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.