エアブラシオンラインスクール風景画編 空と雲の描き方1 - エアブラシワークス オンラインスクール

エアブラシオンラインスクール風景画編 空と雲の描き方1

風景画に限らず何でもそうなのですが、描く順番は奥にある空間から描き始めます。

今回は空の上部が一番奥にある空間ですので、空の上部から描き始めます。

今回の私の描き方は頭の中にある空を描きますので、雲の下書きが必要です。鉛筆では下書きをしていませんので、エアブラシで下書きをします。

ブルーグレーで雲をおおまかに下書きします。皆さんは下書きが入っているので、下書きの中をペイントします。

 

 

 

 

そのままブルーグレーで上からグラデーションペイントします。中心に太陽が来て外周に行く程暗くなるイメージです。

 

 

 

 

プルシャンブルーとフタロシアニンブルーを混ぜたブルーで更に上から下に向かってグラデーションペイントします。

 

プルシャンブルーのみで上部を更に濃くペイントします。

 

 

 

 

フタロシアニンブルーでグラデーションの更に先をペイントします。先程描いた雲の周りにはあまりミストを飛ばさない様にします。

 

 

 

 

キナクリドンレッドをボケ足部分に軽くペイントします。

 

 

 

 

スタッパリングで星を描きます。

通常の機種はノズルキャップを外し低圧でトリガーを出したり止めたりするとブチブチと塗料が飛び散ります。今回使用したエアテックスXP-825Pはノズルキャップを外しても塗料が出て来ませんので、ノズルカップを付けたまま低圧にします。

どちらの方法もエアー圧の高低で飛び散る塗料の粒の大きさが変わります。エアー圧を微調整して、試し吹きしてから描いてみて下さい。


エアブラシワークスオンラインスクールは有料コンテンツです。

会員の方はログインして下さい。
コンテンツを購入するには会員登録が必要です。
コンテンツの価格と購入方法については こちらをご参照下さい。

更新日:

Translate »

Copyright© エアブラシワークス オンラインスクール , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.