エアブラシアートを描く前の下準備 足付けと脱脂 - エアブラシワークス オンラインスクール

エアブラシアートを描く前の下準備 足付けと脱脂

足付けとは塗装する面に傷をつけて塗料が剥がれない様にする為に行います。

足付けの仕方

今回アルミ複合板に描きますが、何もせず塗料を吹くと塗料が密着しません。足付けと言ってアルミ複合板の表面に傷を付ける下地処理を行います。

アート紙に描く方は下地処理は要りませんので、そのまま下書きをして下さい。

まず、ホームセンターなどで「800番のスコッチ」を購入します。

スコッチ

スコッチをはさみで使い易い大きさに切り、アルミ複合板の表面の艶が無くなる位までまんべんなく傷を付けます。

足付け

足付け

足付けは水を付けて研磨すると効果的です。

この足付けはバイクのタンクやヘルメットなどをペイントする時も同じです。

塗料が密着出来る部分は既に塗装されてある部分のみです。既に塗装されてある部分には足付けで下地処理を行いますが、素材剥き出しの部分は密着剤を使用します。

詳しくは入門編の下地処理のページも参照して下さい。

脱脂

脱脂とは表面の油分やワックス(シリコン)分、汚れなどを除去して、塗装する面をクリアーにする事です。

ワックスオフ

ウエスを2枚用意して、片方にペインティングメディウム(Brusherアクアの希釈剤)を染み込ませます。

染み込ませたウエスでペイントする面を拭き取る様に擦ります。

ペインティングメディウムが乾いてしまう前にもう一枚の乾いたウエスで拭き取ります。

ペインティングメディウムが自然に乾く前に拭き取る事が大事です。


ここから先はなるべくキャンバスに触らない様にします。せっかく脱脂したのに、手で触るとまた油分が付いてしまいます。

触ってしまうと絵を描いている段階で指紋が浮き出て来ます。触ってしまった部分は再度脱脂をして下さい。

エアブラシで描く時はどうしてもキャンバスに手を置きますので、まったく触らない訳にも行きません。そんな場合は、手の裏側を使います。手の中で一番油が付いているのは手の内側です。エアブラシで描く時は手の裏側を利用しましょう。

足付けと脱脂が終わったら、絵の下書きに入ります。

トレースと下吹き

更新日:

Translate »

Copyright© エアブラシワークス オンラインスクール , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.