エアブラシで使うカラーの基本 - エアブラシワークス オンラインスクール

エアブラシで使うカラーの基本

基本私のエアブラシは独学なので、色の使い方も独自のものです。

リアルなエアブラシスクールでカラー講習をすると、特に絵を描いている方に「色の考え方が変わった」と絶賛されます。

油絵などの色の使い方とは全く違うエアブラシの為の色の使い方を学びましょう。

さまざまな絵でも応用が利く様に基本的な事から勉強して行きます。

色の基礎知識

ここからは色を理解する上で、基本中の基本を勉強します。

色の3属性

色には3つの属性があります。色相(しきそう)、彩度(さいど)、明度(めいど)です。

色の3属性

色相
赤()、青()、黄()など色の違いを表します。

彩度
鮮やかな赤()と濁った赤(■)、鮮やかな緑()と濁った緑()の様に、鮮やかさの度合いを彩度と言います。

上の図の様に彩度が高い色は鮮やかな色、彩度が低い色は濁った色になります。

最も彩度の低い色は左の図では左面となり、白、グレー、黒は最も彩度の低い色になります。

明度

白()、グレー()、黒()などの色の明るさの度合いを指します。


まとめると下記の様になります。

色相 彩度 明度
          
赤、青、黄など色の違い 綺麗、濁りの鮮やかさの違い 明るさの違い

 

エアブラシスクールの色の教え方は色相表という色の表を使って教えて行きます。

 

この色相表は色相を円の形にして、円の中心に行く程彩度が低く、外周に行く程彩度が高くなっています。

色相表


エアブラシワークスオンラインスクールは有料コンテンツです。

会員の方はログインして下さい。
コンテンツを購入するには会員登録が必要です。
コンテンツの価格と購入方法については こちらをご参照下さい。

更新日:

العربيةবাংলা简体中文NederlandsEnglishFrançaisDeutschहिन्दीItaliano日本語한국어PortuguêsРусскийEspañol

Copyright© エアブラシワークス オンラインスクール , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.