エアブラシアート カラー入門編 イルカの色付け2 - エアブラシワークス オンラインスクール

エアブラシアート カラー入門編 イルカの色付け2

ここからはイルカに色を付けてあげます。既に「影の色」がモノトーンの様に入っていますので、ここからは前のページで説明した「中間色」から「ハイライト周りの色」、「ハイライト」との順番で色味を付けてあげます。

その前に、「より立体的に見せる」色の使い方を説明したいと思います。

暖色系と寒色系の色

暖色系の色」「寒色系の色」この2つの言葉を聞いた事が有りますか?今回はこの2つの色を利用して、光と影を表現しています。

色相表

まずは暖色系と寒色系の色の説明です。左の色相表を見て下さい。

暖色系の色は赤、橙、黄などの、温かく見える色の事を言います。

逆に寒色系の色は緑、青、紫の冷たく感じる色の事を言います。

これは誰が見ても自然に感じる色だと思います。そして自然界に有る物にも当てはまります。炎の橙は温かく見えますし、水や氷の青は冷たく感じます。


今回何故こんな説明をするかと言うと、この自然に感じる色を絵の中で利用しているからです。

どの様に利用しているかと言うと・・・・


エアブラシワークスオンラインスクールは有料コンテンツです。

会員の方はログインして下さい。
コンテンツを購入するには会員登録が必要です。
コンテンツの価格と購入方法については こちらをご参照下さい。

更新日:

Translate »

Copyright© エアブラシワークス オンラインスクール , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.