エアブラシのニードルの調整 - エアブラシワークス オンラインスクール

エアブラシのニードルの調整

エアブラシは構造上の問題があって、使用しているとエアーだけ出している状態でもニードルの位置が勝手にずれて塗料が出て来てしまいます。

ここではエアーだけ出しているつもりでも塗料が出て来てしまう時のニードルの調整方法を教えます。

ニードルの調整

テールキャップを取ります。

ニードルの調整

ニードルを固定しているネジを緩めます。軽く緩めるとニードルが動く様になります。

ニードルの調整

塗料又は希釈剤をカップに入れて、押しボタンを押しエアーを出しながらノズルを調整します。塗料が止まる所まで差し込んだらニードルを固定するネジを締め付けます。

塗料が止まらない場合、無理に押し込み過ぎるとノズルの口が開いたり割れたりしますのでご注意下さい。いくら調整しても塗料が漏れる場合は「エアブラシのトラブル」を参照してみて下さい。

ギリギリ塗料が止まる所にもって行くのがポイントです。ギリギリ塗料が止まる所に調整すると、レスポンス良く操作が出来て使い易くなります。

希釈剤で調整する場合、吸水性のある紙の上て試し吹きすると塗料が出ているか見やすいです。

動画も有りますので参照してみて下さい。

ニードルの当たりの調整はとても大事で、丁度良い部分に調整すると見違える様に使い易くなります。この調整は自分で毎回やらなければならないので、何度も試行錯誤しながらコツを掴んで下さい。

ニードルの交換について

万が一ニードルを曲げてしまったら新品と交換が必要です。ニードルを購入する時は数本スペアーを用意しておいた方がいいですよ!

換えのニードルが無い方は、とりあえず指でまっすぐにしてみてください。エアブラシの調子が落ちていなかったらとりあえずはOKです。それでも駄目なら1500番以上の水研ぎペーパーで指で押さえながらクルクルと回しながら削ってみて下さい。

ニードルを調整しても塗料が漏れて来てしまう場合はノズルも変形していますので、ノズルも交換して下さい。

又交換したニードルは捨てずに持っていましょう!いろいろな場面で使えますので

エアブラシレッスン

更新日:

Translate »

Copyright© エアブラシワークス オンラインスクール , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.